チャプター3「クレメンスポイント」


所有する列車が繰り返し無法者達に強盗されるため、鉄道会の大物実業家コーンウォールはウンザリしていた。
彼と揉めたギャングは逃げるようにバレンタインを出ていった。
ピンカートンに監視されていることを危惧して西へ向かうルートを避け、ギャングは南東に向かった。
そして今度はローズの近くにあるクレメンス湾に潜伏した。


コメントを入力:
U R Q G L